お風呂での正しい足の洗い方&足の臭いを消す方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日お風呂に入ってちゃんと足も洗っているのに、なぜか臭くなる・・・なぜ綺麗にしているのに臭くなるのでしょうか?今回は足の正しい洗い方と、臭いを消す方法についてご紹介します。

目次

1.足が臭い原因とは?
2.正しい足の洗い方とは?
3.オススメの足の臭いを消す方法
4.足の正しい洗い方のまとめ

 

1.足が臭い原因とは?

「毎日お風呂に入って清潔にしていても、靴を長時間履いた後は必ず臭くなる・・・。」

このような悩みを持っている人は、男女限らず世の中に大勢いらっしゃいます。

足が臭い人はどれだけお風呂で足を洗っても、次の日には必ず臭くなります。逆に足の臭いがしない人は、簡単な水洗いをするだけでもほとんど臭いが残りません。

これらの違いは何なのでしょうか?まずは足の臭いの原因について見ていきましょう。

 

足の臭いの原因はイソ吉草酸

足の臭いの原因は、「イソ吉草酸」という物質によるものです。足の汗や角質、汚れなどが出ると「雑菌」がそれらをエサに繫殖・分解します。

その分解によって出来てしまうのが、「イソ吉草酸」と言う物質です。

臭いの特徴としては酸っぱい臭いであったり、納豆のような臭いなどと言われています。

 

ポイントとなるのは善玉菌の存在!

足には「善玉菌」と「悪玉菌」が常駐しています。イソ吉草酸を発生させないためには、発生する前に、悪玉菌(雑菌)を善玉菌によって減少させなくてはいけません。

しかし、足を必要以上にゴシゴシ洗い過ぎると、善玉菌も一緒に洗い流されてしまいます。こうなると悪玉菌を分解する事ができず、臭いの元であるイソ吉草酸を発生させてしまいまうので注意が必要。

 

イソ吉草酸は洗っても落ちにくい!

ちなみのこのイソ吉草酸という物質は、体から非常に落ちづらい汚れです。ですので毎日しっかり洗っているつもりでも、表面の汚れだけが取れており、分泌されたイソ吉草酸は足についたままとなっているんですね。

これでは臭いが取れないし、靴を履けばまたすぐに臭くなるのも納得できますね。ですのでイソ吉草酸が発生する前の段階で、雑菌を善玉菌によって減少させなくてはいけません。

 

2.正しい足の洗い方とは?

正しい足の洗い方を身に付けることで、善玉菌を残し、イソ吉草酸の発生を抑えることができます。

【正しい足の洗い方】
ステップ1:湯船で足を温める
ステップ2:石鹸をよく泡立てる
ステップ3:泡を使って足を洗う
ステップ4:足のツメや指の間もしっかり洗う
ステップ5足をしっかり乾かす

上記が正しい足の洗い方となります。1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

正しい足の洗い方ステップ1:湯船で足を温める

まず足の臭いを消すには、お風呂には毎日浸かる必要があります。最近ではシャワーだけで済ませる方が増えており、これが体臭へと繋がってしまっています。

お風呂に10分~20分程度浸かるだけでも、足の皮膚が柔らかくなり角質が落ち易くなります。さらにお風呂に浸かると、汗をかき毛穴に詰まった汚れを排出してくれます。

お風呂に浸かると足だけではなく、「脇」「頭」「デリケートゾーン」といった体臭全般に効果的です。

 

正しい足の洗い方ステップ2:石鹸をよく泡立てる

足を洗うときは、ボディーソープではなく「石鹸」を使うのが好ましいです。

市販のボディソープは洗浄力が強すぎるのが難点です。足のバリア機能を補う油分までも取り去ってしまうので、菌が繁殖し易くなります。

殺菌作用のある石鹸を使用すれば、必要な油分を残しつつも、体臭全般に効果があるのでオススメです。

殺菌作用のある石鹸でオススメなのが、「薬用柿渋エチケットソープ」です。「茶カテキン」「ユーカリエキス」「柿タンニン」といった消臭成分は、足の臭いを抑えてくれる効果があります。

30日間の全額返金保証もついているので、安心して試せます。

薬用柿渋エチケットソープ・プレミアム



・値段 1個1,886円 3個セット価格5,048円
・成分 茶カテキン、柿タンニン、ユーカリエキス
・30日間は全額返金保証つき

 

正しい足の洗い方ステップ3:泡を使って足を洗う

石鹸を使ってたっぷりの泡を作れたら、その泡で足を撫でるように指を使って洗ってください。男性によくありがちなダメな洗い方が、泡がない状態でタオルを使ってゴシゴシ洗ってしまう方法。

これでは足の粘膜が傷ついてしまい、バリア機能がなくなるし善玉菌まで取り除かれてしまいます。さらに傷ついた粘膜から雑菌が繁殖し易くなるので絶対NG。

足を洗う時は「手」か「柔らかいタオルorスポンジ」を使ってください。指で洗い足りなければタオルを使ってもOKですが、必ずたっぷりの泡を使って優しく洗うように意識しましょう。


・NGな洗い方  タオルでゴシゴシ洗う
・OKな洗い方  たっぷりの泡をつけ、泡の表面を滑らすように洗う

泡がたくさんあると潤滑剤となり、皮膚を傷つけずに済みます。足を洗うときは、皮膚を傷つけないよう意識して洗う事が大切。

 

正しい足の洗い方ステップ4:足のツメや指の間もしっかり洗う

足を洗うときは足の裏や足の甲だけでなく、「ツメの中」「指の間」もキチンと洗ってください。

足の汚れが溜まり安い場所は、「ツメの中」「指の間」と言われています。意外とこの二つの場所を綺麗に洗えている人は少ないです。

これらの場所にも気をつけて、しっかり洗うように心がけてください。

 

正しい足の洗い方ステップ5:足をしっかり乾かす

足が濡れた状態でスリッパや靴下を履いていませんか?これらも雑菌がわく原因となるので気をつけましょう。すぐにスリッパや靴下を履くのであれば、ドライヤーで足の裏や指の間までちゃんと乾かしてからにして下さい。

足をしっかり乾かすことで、雑菌が繁殖し辛い状態にできます。

 

3.オススメの足の臭いを消す方法

続いては「足の匂いを消す方法」についてご紹介します。足の臭いはどうしても個人差が大きく出てしまいます。

正しい洗い方を身に付けても、足がくさい人がすぐに無臭にする事は難しいでしょう。正しい洗い方を身につけ、時間を掛けて臭いを改善していく必要があります。

正しい足の洗い方を実践するのと併せて、「足の臭いを消す効果的な方法」を試すのもオススメです。

 

足の臭いを消す方法1:酢を使って臭いを消す

「お酢」には、殺菌効果や防腐効果があります。食用の酢でもOKですが、より効果を実感したければ”竹酢酸”や”木酢酸”などを使用する事をオススメします。

お酢をお湯に混ぜて入浴するだけでも、体臭対策には効きます。ただしお酢の臭いがキツイ場合は、しばらく体に残ることもあるので注意してください。

体臭以外でも、臭くなった「靴」や「靴下」などをお酢につけるだけでも、臭いが取れますよ。

 

足の臭いを消す方法2:重曹を使う

重曹の成分は、「炭酸水素ナトリウム」です。ちなみ重曹は、刺激が強いので皮膚が弱い方にはオススメしません。使い方としては、桶にお湯を入れてその中に小さじ一杯程度の重曹を混ぜます。

10分程度お湯の中に足をいれておけば、角質が取れて臭い改善にも繋がります。臭いの元である、「イソ吉草酸」は弱酸性の物質です。重曹はアルカリ性なので、使用する事で”酸”を中和してくれる効果があります。

 

足の臭いを消す方法3:蒸れないシューズを選ぶ

靴の選び方次第でも臭いに繋がることがあります。例えば極端に安い靴は要注意。安い革靴やスニーカーは、通気性が悪く蒸れやすいことがほとんどです。

靴によって足の臭いがひどくなる人は、靴選びを慎重に行いましょう。1000円で購入できるようなシューズは、どんな素材を使っているかも分からないので、あまりオススメしません。

スポーツブランドのシューズやある程度認知度のある有名な靴のブランドであれば、変な素材を使っていることはないし、機能面でも優れているので安心ですね。

夏であれば通気性のいいサンダルを着用するのもオススメです。

 

足の臭いを消す方法4:ストレスを溜めすぎない

汗の臭いに深く関わってくるのが、ストレスです。運動での汗は無臭なのに、ストレスが原因で緊張してかいた汗は臭くないですか?

ストレスや緊張での汗は、通常の暑い時や運動した時の汗とは、汗をかくメカニズムが違います。汗が出てくる汗腺の種類や汗に混じる成分も全く違うので、臭いにも影響してきます。

通常の汗の場合は99%が水分といわれていますが、ストレスや緊張が原因の汗は「たんぱく質」や「脂質」などが含まれます。これらが汗の臭いの原因となります。

ストレスを溜めると、このような「臭い汗」に繋がってしまいます。

 

足の臭いを消す方法5:デオドランククリームを使う

足の臭いを消すのに最も効果がありオススメなのが、「デオドラントクリーム」を使う方法です。デオドラントクリームとは、足の臭いや汗自体を抑えてくれる画期的なアイテムです。

デオドラントクリームには、「防臭」「制汗」「殺菌」「足の角質ケア」などの効果があります。「汗」や「汚れ」などの、臭いに繋がる原因を根本から除去してくれるので、足の臭い対策では非常に効果的と言われています。

長年足の臭いに悩まされている人でも、「デオドラントクリームを使うようになってからは臭いが気にならなくなった。」と臭いが改善された人も多くいらっしゃいます。

価格帯もお手頃なので、興味があれば一度試してみましょう。

 

【デオドラントクリームオススメ1:デオシーク】

デオシーク

【購入はコチラ】
デオシーク足用

「デオシーク」は、ミドル脂臭やオジサン臭に悩んでいる方向けに作られた、体臭対策ケアグッズ。男性の足臭や体臭を消すクリームの中でも人気が高く、特にオススメの商品。

「デオドラントクリーム」「ボディソープ」がセットで販売されており、内側と外側から効率よく加齢臭ケアを行います。

香料や着色料を一切使用していないので、お肌に優しく安心して毎日ご利用頂けます。

クリームの単品購入であれば、3,980円、「デオドラントクリーム」「ボディソープ」がセットだと5,980円となっています。さらに永久全額保証付きなので、効果が感じられない場合は返品する事が可能です。

【デオシークの詳細】
・3点セット定期購入 5,980円
・単品購入 3,980円
・永久全額保証付き

 

【デオドラントクリームオススメ2:ノーノースメル】


【購入はコチラ】
足の激臭には『ノーノースメル』

ノーノースメルは、北の国コーポレーションが販売している消臭クリームです。北の国コーポレーションは様々な体臭グッズを販売している会社で、東証一部にも上場しているので実績のある会社です。

ノーノースメルには、「防臭」「制汗」「殺菌」「足の角質ケア」といった作用があります。使い方は簡単、朝と夜の2回使用するだけでOKです!

ベタつかずサラサラの状態をキープしてくれるので、塗った後も心地よくいられます。

足の臭いの原因は、「善玉菌」「悪玉菌」の割合が崩れることで起きます。ノーノースメルはこれらの割合を正常化して、足に住む菌のバランスを正常化してくれます。

さらには「柿タンニン」が足の古い角質をケアして、たくさんの植物成分が皮膚を引き締め保湿してくれます。

定期購入であれば、2,970円で商品に納得できない場合は全額返金保証してもらえます。デオドラントクリームは人によって効果が違うので、全額返金保証がついていると安心して購入できますね。

持続性も高いので足の臭いに悩む男性にとっては助かります。購入後は健康管理士や専任のアドバイザーがサポートしてくれるので、気になる点があれば何でも相談できます。

【ノーノースメルの詳細】
・クリーム定期購入 2,970円(一個当たりの値段)
・全額保証付き

【関連記事】・【男性】足の臭いを消すデオドランククリームおすすめ4選!市販はNG。

 

4.足の正しい洗い方のまとめ

以上です。今回は足の正しい洗い方と、臭いを消す方法についてご紹介しました。

「足を洗っても臭い!」「毎日お風呂に入っているのに足が臭う!」こういった悩みを抱えている方であれば、正しい洗い方を身に付ける事が大切です。

特に男性の場合は、必要以上にゴシゴシ洗い過ぎて、足に必要な「善玉菌」までも取り除いてしまっている可能性が高いです。これでは悪循環に陥ってしまうので、まずはゴシゴシ洗いを止める事から始めましょう。

 

騙されたと思って、デオドラントクリームを使ってみよう!

足の正しい洗い方を実践しても、汚れや汗には個人差があり、どうしても臭いが治らない人はいらっしゃいます。


・足に汗をかきやすい人
・汚れが溜まりやすい人

上記のような人は洗うだけでは臭いが取り除けません。そういった場合は騙されたと思って、今回ご紹介したデオドラントクリームを試してください。

実際に私の周りでも、足の臭いから開放された人がいらっしゃるので、試してみる価値はあります。

【購入はコチラ】
デオシーク足用

【購入はコチラ】
足の激臭には『ノーノースメル』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*