足を洗っても臭い!お風呂での正しい洗い方と臭いを消す方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日お風呂に入ってちゃんと足も洗っているのに、なぜか臭くなる・・・なぜ綺麗にしているのに臭くなるのでしょうか?今回は足の正しい洗い方と、臭いを消す方法についてご紹介します。

目次

1.お風呂で毎日足を洗っても臭い!
2.正しい足の洗い方とは?
3.オススメの臭いを消す方法
4.まとめ

 

スポンサードリンク

1.お風呂で毎日足を洗っても臭い!

毎日お風呂に入って清潔にしていても、仕事で靴を長時間履いた後って臭くなりませんか?

足が臭い人はどれだけお風呂で足を洗っても、次の日には必ず臭くなってしまいます。逆に足の臭いがしない人は、簡単な水洗いをするだけでもほとんど臭いが残りません。

これらの違いは何なのでしょうか?

 

足の臭いの原因はイソ吉草酸!

ちなみに足の臭いの原因は、イソ吉草酸という物質によるものです。足の汗や角質、汚れなどが出ると「雑菌」がそれらを分解します。その分解によって出来てしまうのが、「イソ吉草酸」です。

臭いの特徴としては酸っぱい臭いであったり、納豆のような臭いなどと言われています。

 

イソ吉草酸は洗っても落ちない!

ちなみのこのイソ吉草酸という物質は、体から非常に落ちづらい汚れです。ですので毎日しっかり洗っているつもりでも、表面の汚れだけが取れており、分泌されたイソ吉草酸は足についたままとなっているんですね。

これでは臭いが取れないし、靴を履けばまたすぐに臭くなるのも納得できますね。

 

スポンサードリンク

2.正しい足の洗い方とは?

イソ吉草酸は汚れが落ちづらいと言われていますが、正しい足の洗い方を身に付けることで、ある程度は綺麗にすることが可能です。

 

お風呂にしっかり浸かる

まず足の臭いを消すには、お風呂には毎日浸かること。最近ではシャワーだけで済ませる方が増えており、これが体臭へと繋がってしまっています。

お風呂に浸かると”足”だけではなく、「脇」「頭」「デリケートゾーン」といった体臭全般に効果的です。

お風呂に10分~20分程度浸かるだけでも、足の皮膚が柔らかくなり角質が落ち易くなります。他にもお風呂に浸かることで、汗をかき毛穴に詰まった汚れなどを排出してくれます。

 

石鹸をよく泡立てる

足を洗うときは、ボディーソープではなく「石鹸」を使うのが好ましいです。

市販のボディソープは洗浄力が強すぎるのが難点です。足のバリア機能を補う油分までも取り去ってしまうので、菌が繁殖し易くなります。

殺菌作用のある石鹸を使用すれば、必要な油分を残しつつも、体臭全般に効果があるのでオススメです。

殺菌作用のある石鹸でオススメなのが、「薬用柿渋エチケットソープ」です。「茶カテキン」「ユーカリエキス」「柿タンニン」といった消臭成分が、嫌な臭いを根本から断ってくれます。

30日間の全額返金保証もついているので、安心して試せます。

薬用柿渋エチケットソープ・プレミアム



・値段 1個1,886円 3個セット価格5,048円
・成分 茶カテキン、柿タンニン、ユーカリエキス
・30日間は全額返金保証つき

 

泡を使って足を洗う

石鹸を使ってたっぷりの泡を作れたら、その泡で足を撫でるように指を使って洗ってください。男性によくありがちなダメな洗い方が、泡がない状態でタオルを使ってゴシゴシ洗ってしまう方法。

これでは足の粘膜が傷ついてしまい、バリア機能がなくなるし、傷ついた粘膜から雑菌が繁殖し易くなります。

指で洗い足りなければタオルを使ってもOKですが、必ずたっぷりの泡を使って優しく洗うように意識しましょう。

・NGな洗い方  タオルでゴシゴシ洗う
・OKな洗い方  タオルにたっぷりの泡をつけ、泡の表面を滑らすように洗う

泡がたくさんあると潤滑剤となり、皮膚を傷つけずに済みます。足を洗うときは、皮膚を傷つけないよう意識して洗う事が大切。

 
【注意点】

足の汚れが溜まり安い場所は、「ツメの中」「指の間」と言われています。これらの場所にも気をつけてしっかり洗うように心がけてください。

 

足もしっかり乾かす

足が濡れた状態でスリッパや靴下を履いていませんか?これらも雑菌がわく原因となるので気をつけましょう。すぐにスリッパや靴下を履くのであれば、ドライヤーで足の裏や指の間までちゃんと乾かしてからにして下さい。

 

3.オススメの臭いを消す方法

 

酢を使って臭いを消す

「お酢」には、殺菌効果や防腐効果があります。食用の酢でもOKですが、より効果を実感したければ”竹酢酸”や”木酢酸”などを使用する事をオススメします。

お酢をお湯に混ぜて入浴するだけでも、体臭対策には効きます。ただしお酢の臭いがキツイ場合は、しばらく体に残ることもあるので注意してください。

体臭以外でも、臭くなった「靴」や「靴下」などをお酢につけるだけでも、臭いが取れますよ。

 

重曹を使う

重曹の成分は、「炭酸水素ナトリウム」です。ちなみ重曹は、刺激が強いので皮膚が弱い方にはオススメしません。使い方としては、桶にお湯を入れてその中に小さじ一杯程度の重曹を混ぜます。

10分程度お湯の中に足をいれておけば、角質が取れて臭い改善にも繋がります。臭いの元である、「イソ吉草酸」は弱酸性の物質です。重曹はアルカリ性なので、使用する事で”酸”を中和してくれる効果があります。

 

蒸れないシューズを選ぶ

靴の選び方次第でも臭いに繋がることがあります。例えば極端に安い靴は要注意。安い革靴やスニーカーは、通気性が悪く蒸れやすいことがほとんどです。

靴によって足の臭いがひどくなる人は、靴選びを慎重に行いましょう。1000円で購入できるようなシューズは、どんな素材を使っているかも分からないので、あまりオススメしません。

スポーツブランドのシューズやある程度認知度のある有名な靴のブランドであれば、変な素材を使っていることはないし、機能面でも優れているので安心ですね。

夏であれば通気性のいいサンダルを着用するのもオススメです。

 

デオドランククリームを使う

デオドラントクリームには、「防臭」「制汗」「殺菌」「足の角質ケア」などの効果があります。「汗」や「汚れ」などの、臭いに繋がる原因を根本から除去してくれるので、足の臭い対策では非常に効果的と言われています。

長年足の臭いに悩まされている人でも、「デオドラントクリームを使うようになってからは臭いが気にならなくなった。」と臭いが改善された人も多くいらっしゃいます。

価格帯もお手頃なので、興味があれば一度試してみましょう。

 

【デオドランククリームオススメ:クリアネオ】

クリアネオ
【購入はコチラ】
クリアネオメンズ

クリアネオ「除菌率99%以上」と言われており、朝から晩まで足のニオイをシャットダウンしてくれます。

有効成分イソプロピルメチルフェノールで殺菌を行い、パラフェノールスルホンが制汗作用を発揮します。7つの植物が配合されており、肌にも優しく安心して使用できます。

クリアネオのデオドラントクリームは4,980円で、足の臭い対策のボディーソープですと2,480円で購入できます。

さらにいつでも全額返金してもらえるので、安心して試すことができますね。足の臭い以外でも「ワキガ」や「加齢臭」といった体臭全般にご使用頂けます。

定期購入ですと衣類用の消臭スプレーが特典として無料配布されているので、とってもお得ですね。靴下やシューズの臭い対策に使えます。


・足臭対策クリーム 4,980円
・足臭対策ボディーソープ 2,480円
・永久全額保証付き
・定期便は一回の使用でも解約できる

【関連記事】・【男性】足の臭いを消すデオドランククリームおすすめ4選!市販はNG。

 

スポンサードリンク

4.まとめ

以上です。今回は足の正しい洗い方と、臭いを消す方法についてご紹介しました。「足を洗っても臭い!」「毎日お風呂に入っているのに臭い!」こういった悩みを抱えている方であれば、正しい洗い方を身に付ける事が大切です。

足の正しい洗い方を実践しても、汚れや汗には個人差があり、どうしても臭いがキツく治らない人はいらっしゃいます。


・足に汗をかきやすい人
・汚れが溜まりやすい人

上記のような人は洗うだけでは臭いが取り除けません。そういった場合は、今回ご紹介した”足の臭いを消す方法”も併せて実践してみて下さい。

特に「デオドラントクリーム」は、足の制汗作用であったり殺菌効果がありますので、すぐに臭いをシャットダウンできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*