髭を生やすメリット&デメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとんどの男性は、「オシャレ」のために髭を生やしていると思います。髭を生やすだけで雰囲気が変わるし、ワイルドでカッコよく見えますよね。

外国人や芸能人の影響もあり、髭を生やす男性は年々増加しています。オシャレのために生やす髭ですが、髭を生やすメリット・デメリットはきちんと理解していますか?

今回は「髭を生やすことで得られるメリット&デメリット」をご紹介します!髭を生やしている男性はもちろん、これから生やそうと考えている男性も是非参考にして下さい♪

目次

髭を生やすメリットとは?
髭を生やすデメリットについて
髭が似合わないなら処理するべき!
オススメの髭処理&脱毛方法
髭を生やすメリット・デメリットのまとめ

 

スポンサードリンク

髭を生やすメリットとは?

まずは髭を生やす事で生じる「メリット」をご紹介します。

 

髭を生やすメリット1:オシャレ、カッコよく見せられる!

髭を生やす最大の理由は、やはりオシャレでカッコよく見せられるから。もちろん自己満足になりますが、髭を生やすことで、ワイルドでカッコいい、理想の自分に近づけられますよね!

海外のハリウッドスターや日本の芸能人、インスタグラマーやユーチューバーなど、オシャレな男性を真似して髭を生やす方も多いと思います。

 

髭を生やすメリット2:毎日の髭剃りから開放される!

髭が濃い男性にとって、毎日の髭剃りは手間が掛かるし面倒です。時間をかけて髭を剃っても、夕方には生えてきます。

さらに青髭、髭剃りによる肌荒れなど、髭を綺麗に剃ってもトラブルは絶えません。

それに比べて髭を生やしてしまうと、基本的に放ったらかしで大丈夫です。たまに長さを整えたりはしますが、お手入れの必要が少なく、髭剃りから開放されるので楽です。

 

髭を生やすメリット3:肌への負担が無い、肌を綺麗に保てる!

電気シェーバーやカミソリを使っての髭剃りは、実は思っている以上に肌に負担が掛かっています。髭剃りが原因で敏感肌になったり、ニキビ、肌荒れを起こす人は大勢いらっしゃいます。

しかし髭を生やすと髭剃りを行わなくなるので、肌トラブルが解消されます。

 

スポンサードリンク

髭を生やすデメリットについて

続いては、髭を生やすデメリットをご紹介します。

 

髭を生やすデメリット1:社会的な目が厳しくなる

髭を生やすことで得てしまうデメリットは、社会的な目が厳しくなることです。例えば仕事ですね。

美容師やファッション関係など、見た目を気にしない仕事もありますが、普通のサラリーマンで髭を生やしていたら、まず上司に注意されます。

営業マンで髭を生やしていたら、お客さんからの印象が悪くなるでしょう。

他にも新しい会社への就職やバイトの面接などでも、髭が生えていると印象が悪くなり、書類審査の段階で落とされてしまいます。少しずつ規制は緩くなっていますが、日本社会は「見た目」を重要視します。

社会において、髭や茶髪、ピアスなどは印象を悪くしてしまうので、何かとデメリットが出てきます。

 

髭を生やすデメリット2:女性ウケが悪くなる

髭は似合う人と似合わない人がいます。しかし日本人男性の場合、顔が薄い事もあり、海外男性のように「髭がカッコいい。」とは女性から思われない事が多いです。

実際に日本人の女性は髭を嫌う人が多いです。ネット上のアンケートを見てみても分かりますが、「髭好きな女性」はほんの一握りです。

ほとんどの女性は「髭のない男性」を理想としており、髭がない方がモテる傾向があります。もちろん似合っていれば問題ないですが、似合っていないと女子ウケが悪くなります。

 

髭を生やすデメリット3:老けて見られる

髭が生えていると、実年齢より老けて見られます。

余談になりますが、私の場合は髭を剃ったら、知人から「5歳は若返ったね。」と言われました。顎鬚はそこまでふけませんが、口ひげを生やすと、髭がない状態より5歳以上は老けて見られると考えておきましょう!

 

髭が似合わないなら処理するべき!

髭を生やすと様々なメリット&デメリットがあります。結局の所大切なのは、その人に髭が似合っているのかどうか、です。

髭が似合っているのであれば、デメリットなんて関係なしに生やすべきです。仕事の都合もあると思いますが、髭が似合っているのであれば、剃らなければいけない大きな理由はないですからね。

反対に似合っていないのに自己満で髭を生やしていると、女性ウケが悪くなるし、社会的な目も厳しくなるのでNGです。そういった場合は剃ってしまった方がメリットが大きいと思います。

毎日の髭剃りが面倒であれば、様々な処理方法や脱毛方法があるので、是非試してみる事をオススメします!

 

オススメの髭処理&脱毛方法

続いては髭の処理方法や脱毛法についてご紹介します。毎日の髭剃りが面倒な人は、是非試してくださいね!

 

オススメの髭処理&脱毛方法1:抑毛ローションを使う

【公式サイト】
PREMIUM AFTER SHAVE LOTION

濃い髭が気になる方は、髭剃り後のアフターケアには抑毛ローションを使う事をオススメします。抑毛ローションには、「毛の抑毛効果」「青髭を目立たせない」「潤い効果」「毛穴の引き締め」「保湿」など様々な効果があります。

さらに長期的にムダ毛の成長を抑制したり、毛を薄くする効果があると言われています。

プレミアムアフターシェイブローションは、「髭」「胸毛」「足毛」「腕毛」といった体全身のムダ毛に使用できる抑毛ローションです。

メンズシェイブローションランキングでも、何度もランキング入りしており、実績と信頼のある商品です。ヒゲに悩む男性であれば、是非使用して頂きたいアイテムです。

【抑毛ローションの使い方】
1、カミソリや電気シェーバーでヒゲを剃る
2、ローションをヒゲ部分にたっぷり塗る
3、1日に数回ローションをヒゲに塗ってやる(お風呂の後や寝る前など)

PREMIUM AFTER SHAVE LOTION

【プレミアムアフターシェイブローション】

【アフターシェイブローション詳細】
・単品購入 5,184円
・定期購入 1ヶ月4,666円
・容量   150ml(約2ヶ月分)

 

オススメの髭処理&脱毛方法2:顔にも使える脱毛クリームを使う


【公式サイト】
ヘアーリデューシングクリーム

顔やヒゲにも使える脱毛クリームを使えば、自宅にいながら髭を脱毛する事が可能です。

ヘアーリデューシングクリームは、手足や脇、スネはもちろん、デリケートゾーンから顔、髭、背中まで全身に使える除毛・抑毛クリームです。

普通脱毛クリームは、顔には使えないものがほとんどです。しかしヘアーリデューシングクリームのみ、顔や髭、モミアゲへの使用がOKとなっています。顔に脱毛クリームを使う場合は、ヘアーリデューシングクリームしかオススメできません。

【脱毛クリームの処理方法】
1、薄くムダ毛に塗る
2、10分程度放置する
3、タオルやスポンジで拭きとって、洗い流す

ヘアーリデューシングクリームは元々、体毛が濃いトルコで大ヒットした人気商品です。

ヘアーリデューシングクリームには抑毛効果もありますので、使えば使うほどムダ毛の量を減らし、毛の成長スピードを落とす事が可能です。

有効成分が毛球ケラチノサイトに効果的に働きかけることで、毛を細く柔らかくしてくれます。モニター結果でも58%以上の人が、「ムダ毛が生えてこなくなった。」と実感しています。

価格も2,900円とリーズナブルなのでオススメです。顔や髭、デリケートゾーンに使用できる除毛クリームは、私が調べた所、ヘアーリデューシングクリーム以外ありませんでした!

【ヘアーリデューシングクリーム詳細】
・放置時間:10分程度
・香り:控えめ
・価格:2,900円

 

オススメの髭処理&脱毛方法3:メンズTBCで髭脱毛をうける


【公式サイト】
脱毛コースで、しっかりヒゲ脱毛!初回限定1000円★

髭を綺麗に永久脱毛したいのであれば、メンズサロンに通って脱毛するのがオススメです。

メンズTBCは、男性専用の脱毛サロンです。髭やムダ毛に悩むたくさんの男性が通われています。全国展開しているので、地方の方でも脱毛を受ける事が可能です。

初めての髭脱毛であれば、なんと1,000円で脱毛を体感することができます。脱毛クリニックは割高なのが気になりますが、TBCであれば安く体験できますので、効果次第で続けるか決めれますね。

【メンズTBCの支店一覧】
北海道・青森県・宮城県・東京都心部(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区) ・東京東部(台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区) ・東京西部(中野区・杉並区・練馬区・東京都市部) ・東京南部(品川区・目黒区・大田区・世田谷区)・ 東京・北部(豊島区・北区・板橋区)・新潟県 ・神奈川県・ 埼玉県・ 千葉県・ 茨城県・ 群馬県・ 長野県・愛知県 静岡県・石川・大阪府 京都府・兵庫県・岡山県・広島県・福岡県 沖縄県

 

スポンサードリンク

髭を生やすメリット・デメリットのまとめ

以上です。今回は髭を生やすことで生じる、メリット・デメリットについてご紹介しました。社会的な目や女性ウケが悪くなるなど色々ありますが、大切なのは髭がその人に似合っているかどうかです。

髭が似合っており、仕事柄問題ないのであれば、髭を生やすべきでしょう。反対に似合っていない、周りからの評判が良くないと感じるなら、すぐにでも剃ってしまった方が良いと思います。

髭処理や髭脱毛の方法もご紹介したので、興味があれば試してくださいね。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*