男のウエストを細くする方法とは?腹筋、有酸素運動、オススメはどれ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹周りに脂肪が乗っていると、体型がアンバランスでかっこ悪いです・・・・。やはり見た目をカッコよく見せるには、ウエストを細くして「逆三角形」の体作りをすることが大切。

今回は男性のウエストを細くする方法をご紹介します。

実はウエストを細くしたい場合、「腹筋」だけ行っていてもダメなんです。腹筋はお腹の筋肉は鍛えられますが、その上に乗った分厚い脂肪を燃焼させる事はできません。

ウエストを細くしたい場合は、まず脂肪燃焼させる事を目標に頑張りましょう。

目次

腹筋を行ってもウエストは細くなりません
ウエストを細くする方法1:痩身エステに通う
ウエストを細くする方法2:食事で体脂肪を落とす
ウエストを細くする方法3:有酸素運動を取り入れる
ウエストを細くする方法4:オススメのトレーニング方法
ウエストを細くする方法5:正しい姿勢を心がけよう
まとめ

 

スポンサードリンク

腹筋を行ってもウエストは細くなりません

「腹筋を毎日頑張っているのに、中々ウエストが細くならない・・・。」
「腹筋をやっているけど、一向に割れない。」

男性の中には、自宅で「腹筋」ばかり行っている人は非常に多いです。確かに腹筋はお腹の筋肉を鍛えるのに効果的です。

しかしウエストが太い原因は、”おなかに筋肉がついてないから”じゃないんです。

勘違いされている方が多いですが、腹筋が割れていないのはお腹の筋肉がないからではなく、お腹の筋肉の上に脂肪が乗っているからなんです。

腹筋をいくら頑張っても、脂肪が落ちる事はありません。そもそも腹筋は筋肉を鍛える運動であり、脂肪を燃焼させる運動ではないからです。

 

お腹の筋肉を鍛えるのではなく、お腹の脂肪を落とそう!

ウエストを細く見せたいのであれば、いくら腹筋を行い筋肉を鍛えてもダメです。そうでなく、まずはお腹周りについた「脂肪」を落とす事が、最重要項目となります。

そのためには腹筋ではなく、体脂肪を落とすことに目を向けなければいけません。体の体脂肪を落とすことこそが、ウエストを細くする方法となります。

次は、実際にお腹の脂肪を落とす方法をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

ウエストを細くする方法1:痩身エステに通う

痩身エステとは、ハンドマッサージや機械のマッサージで脂肪燃焼を行うダイエットエステです。マシンによる筋肉の運動とマッサージで、徹底的にお腹周りの脂肪を落としてくれます。

他にも生活習慣に関するアドバイスなどを受ける事ができ、痩せられる環境を作ってくれます。

食事改善から運動方法のサポートまでプロが行ってくれるので、高いダイエット効果が期待できます!

 

メンズエステならTBCがオススメ!


【公式サイト】
たるんだお腹へ集中シェイプ!MEN’S TBCシェイプ体験★初回限定5,000円★

「TBC」は、男性から人気の高いエステティックサロンです。下っ腹のダイエットサポートコースがあり、新規のお客様は5,000円で受けられます。

ハンドマッサージや機械のマッサージだけでなく、適切な食事や運動のアドバイスまで徹底的に行ってくれます。TBCのボディコースはリバウンドを防ぎ、無理の無い範囲で体を引き締めます。

プライベートジムのようは過度な運動はなく、ボディタイプに合わせたエステを行うので辛くありません。リラクゼーション効果もあるので、心身ともにリフレッシュする事が可能。

メンズTBCは全国に拠点があり、地方の方でも安心してエステを受けられます。無理なくウエストを細くしたいのであれば、痩身エステに通ってください。

【メンズTBCの詳細】
・下っ腹ボディシェイプコース 初回5,000円

 

ウエストを細くする方法2:食事で体脂肪を落とす

体脂肪を落とすには、「食生活の改善」は必要不可欠です。基本的に痩せるためには、「消費カロリー>摂取カロリー」を心がける必要があります。

消費カロリー以上に摂取カロリーが多くなれば、それは脂肪として蓄積されます。しかし消費カロリーが摂取カロリーを上回れば、脂肪が燃焼されていきます。

摂取カロリーを抑えるためには、食生活の改善を行う必要があります。

 

炭水化物の量を減らす

成人男性は炭水化物の摂取量が非常に多いです。「ご飯」「麺類」「パン」はおいしいですが、必要以上に摂取していませんか?

まず体脂肪を落としたいのであれば、「炭水化物」の量を減らすようにして下さい。

例えばご飯を食べる時でも、茶碗2杯、3杯と食べるのは控えて、少盛り1杯に抑える。理想を言えば茶碗ハーフくらいまで減らすのが良いですね。

パンや麺類などは極力控えるよう心がける事も大切ですね。炭水化物は完全に「0」にすると、代謝が落ちます。ですのでまずは炭水化物を減らすよう心がけてみましょう。

 

たんぱく質や野菜で補う

炭水化物の量を減らすと、当然お腹が空きます。ですのでその分は、「たんぱく質」「野菜」「果物」などで補うようにして下さい。

肉や魚、卵などのたんぱく質は、筋肉を作る成分となります。筋肉を落とさないためにも、十分なたんぱく質を摂取するように心がけてください。

それと野菜や果物などから、ビタミンやミネラル、食物繊維を摂取する事も大切。炭水化物を減らした分は、こういった別の食物の量を増やしてバランスを取るようにして下さい。

間違ってもお菓子やジュースなどで補うのは避けましょう。お菓子やジュースは糖質が非常に多いので、せっかく炭水化物をキープしても、意味がなくなってしまいます。

 

ウエストを細くする方法3:有酸素運動を取り入れる

筋トレなどの無酸素運動は、筋肉をつけるために効果的です。反対に有酸素運度は脂肪を落とすのに効果的です。

ですのでウエストを細くしたい場合は、「有酸素運動」を積極的に行う必要があります。有酸素運動であれば、ランニングや水泳、バイクなどがオススメ。

あまりハードな運動が苦手な人は、近所を1時間程度ウォーキングするだけでも、脂肪燃焼には十分効果があります!

 

初心者にはウォーキングがオススメ!

最初からランニングや水泳を行うと、思いのほか疲れてしまい、継続するのが困難になります。ですので普段運動していない方は、仕事の後や朝などに、1時間歩く事から始めてみましょう。

朝や夕方は涼しいので、歩いていても気持ちが良いです。毎日1時間ウォーキングすれば、脂肪燃焼にはかなり効果的と言えます。

初心者は無理せず、ウォーキングから始めてください。

 

ランニングはゆっくり長距離を走る

ランニングを取り入れる場合は、短距離を一気に走るのではなく、長距離を自分のペースでゆっくり走る事が大切です。

マラソンの短距離選手と長距離選手を見てもらえば分かりますが、短距離選手はゴリゴリマッチョが多いですが、長距離選手は痩せ型の人が多いですよね?

これは使う筋肉にあります。短距離は瞬発力が必要なので、大きな筋肉が必要になります。反対に長距離のランニングでは、体力が必要なので体はシェイプアップされていきます。

体脂肪を落としたいのであれば、長距離選手のようなランニングを心がけましょう。有酸素運動は20分経過してから脂肪が燃焼されていくので、できれば30分以上走るのがベスト。

 

水泳もオススメ!

「水泳」は脂肪燃焼と筋肉をつける両方の効果が期待できます。

水泳は肩や広背筋の筋肉を鍛えることができます。水泳選手を見ていれば分かりますが、皆さん綺麗な逆三角形の体をしていますよね?

泳ぐ時は腕や肩の力を使うので、水泳を続けていると自然と逆三角形の綺麗な体つきに変わります。水泳はさらに脂肪を燃焼してくれるので、ダイエットにも向いています。

ランニングやウォーキングが苦手な方は、プールに通うのも良いですね。

 

ウエストを細くする方法4:オススメのトレーニング方法

筋トレはウエストを細くするために、全く意味がないわけではありません。筋トレでも脂肪燃焼に効果的なものも存在します。

相対的なものになりますが、「肩幅や背中を広くする事で、ウエストを細く見せる方法」というのもあります。

 

スクワットは脂肪燃焼やダイエットに効果的!

スクワットはお尻や腹筋はもちろん、下半身全体を鍛えられる筋トレ種目です。足は非常に大きな筋肉なので、鍛えると体の代謝がよくなり、体脂肪を落とす効果があります。

腹筋でお腹だけの筋トレを行うよりも、スクワットで代謝を高めた方が脂肪は落としやすいです。

ちなみにスクワット1回は、腹筋100回分の運動量と同じと言われています。ダイエットを行うなら、腹筋ではなく断然スクワットです。

スクワットを始める場合は、最初は軽い重りから始めて、少しずつ高重量にチャレンジしていきましょう。


【スクワットのやり方】
1,足を肩幅程度に開き、つま先を真っ直ぐ前に向けて立つ
2,膝が前に出ないようにお尻を後ろに落としていく(動画を見ると分かります!)
3,お尻が膝と同じ高さまできたら、足を伸ばしお尻を持ち上げる
4,10回×3セットを行う(インターバルは1分程度)

 

背中や体幹を鍛えられるデッドリフト

筋トレの種目には「デッドリフト」というものがあります。

デッドリフトで鍛えられるのは、背中や体幹、僧帽筋やウエスト周りとなります。デッドリフトは背中を鍛えられるので、上半身が大きくなり、その分ウエストを細く見せる事が可能です。

さらにデッドリフトは全身の筋肉を使うので、スクワットのように運動量が大きく、ダイエット効果も期待できます。


【デッドリフトのやり方】
1,足を肩幅程度に開き、バーべルの手前に立つ
2,肩幅よりも手を少し開いてバーベルを掴む
3,背中を丸めずに一直線で姿勢をキープする
4,バーベルを掴んだまま背中を丸めずに上体をあげていく
5,膝が伸びきるまでバーベルを持ち上げる
6,膝が伸びきったら少しずつ上体を元に戻していく
7,10回×3セットを行う(インターバルは1分程度)

 

ウエストを細くする方法5:正しい姿勢を心がけよう

お腹が出てくる原因は、脂肪がついている事はもちろんですが、それ以外にも「姿勢」が関係しています。猫背や腰が曲がった状態の姿勢だと、お腹が自然と出てしまいます。

しっかり胸をはり背筋を伸ばすだけでも、ウエスト周りは細く見えますよ。

 

加圧Tシャツで姿勢を変える

加圧Tシャツを着用していると、24時間体に圧力を掛け続け、体を締め付ける効果があります。「姿勢」や「筋力」を24時間体制でサポートしてくれ、寝ながらでも引き締まったボディを目指すことが可能。

腹筋と姿勢は非常に密接な関係があります。姿勢がいい人は腹筋を使い姿勢を保つので、自然とお腹にも負荷が掛かっています。加圧Tシャツを着用する事で、体制をサポートして正しい姿勢を維持するようになるので腹筋にも負荷を与えられるようになります。

スーツや普段着のインナーとして使えるので、会社でも着用し続けてください。

着るだけ強力加圧【シックスチェンジ】



 

まとめ

以上です。今回は男性のウエストを細くする方法をご紹介しました。ウエストを細くする場合、「腹筋のみ行っている」という人は度々見かけますが、正直意味がありません。

腹筋は体を鍛えるのには効果的ですが、脂肪は燃焼されないのでウエストが細くなる事はありません。ウエストを細くするには、体脂肪を落とす必要があります。

そのためには、「食生活の改善」「有酸素運動」がもっとも効果的。お金に余裕があれば「痩身エステ」に通うのがオススメです。

お腹周りの脂肪は落ち辛いです。「おなか周りの脂肪は最後に落ちる脂肪」とも言われていますので、1ヶ月や2ヶ月でウエストを細くするのは難しいと思います。

あまり無理をせず続けていくことで、少しずつ落ちていきますので、諦めずに継続してくださいね。

 

スポンサードリンク

HMBで吸収率を高める

【HMBプレミアムマッスルボディア】

【公式サイト】
業界最高水準HMB

HMBとは、タンパク質を作る20種類のアミノ酸の1つです。

HMBは筋肉の増加を促進させる作用があり、アスリートやトレーニーたちが愛用しています。最近では日本のフィットネス界でも使われており、筋肉作りをサポートするためには必須の栄養素となっています。

筋トレの効果を最大限に発揮させるためには、HMBで必要な栄養素を摂取するのがオススメです。

【HMBの詳細】
・HMB単品価格 5,460円
・HMB定期購入価格 4,914円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*